Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者オーキシンの起源を発見

2018年3月27日 - コメントを残す



Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者オーキシンの起源を発見
Wageningen 大学研究所の生化学者と生命情報科学者は植物界の普遍的ホルモン、オーキシンの起源を発見しました。これにより育種、栽培に有用な情報が得られます。
植物はシュートが成長し、その後、側枝と根が生え、葉が光の方向へ茂り、花と果実へ成長します。これらの発育を制御するのが植物ホルモン・オーキシンです。オーキシンは細胞、植物組織中に異なる濃度で存在します。
Wageningen 大学研究所生化学教授Dolf Weijers教授率いるチームは1,000種以上の植物のゲノムを調べました。現存する進化の異なる種を選びました。その中には3億2千万年前に分化し、非常に複雑なオーキシンを持っている顕花植物の他、針葉樹、古いシダ類、5億年以上に分化したコケ類、10億年前の単細胞の緑藻もありました。
長年の進化の過程でゲノムが倍加し、多くの種類のタンパク質が機能するようになりました。5億年前陸上植物が現れた時に現在のオーキシン機能が完成しました。オーキシンの三つのタンパク質の内一つは10億年前の単細胞の緑藻にありました。
Hirotaka Kato 博士研究員は藻類、苔、シダ3種類の植物を用いて、ゲノム考古学を考察、どのゲノムがホルモン機能を活性化するかを調べました。これによりどのように植物がその成長や形状を調整するのか解明でき、育種、栽培に有用な情報が得られます。
植物ホルモン オーキシン 生命情報科学
Wageningen University & Research 2018年3月27日

Op zoek naar de oorsprong van het universele hormoon auxine in planten kropen Wageningse biochemici en bioinformatici in de huid van archeologen. Diep in de…
WUR.NL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です