Wageningen 研究者バラの秘密を解明

2018年6月12日 - コメントを残す



Wageningen 研究者バラの秘密を解明
Wageningen University&Researchの科学者はアンジェ大学(フランス)、ハノーバー大学(ドイツ)、ILVO(ベルギー)、ロシア国立農業大学(ロシア)、大阪工業大学(日本)の研究者と共にバラの非常に詳細な遺伝地図を作成し、これに基づいてバラのゲノムを再構築しました。
これによりバラの花弁数、芳香、開花性、トゲなし、耐病性育種など進むことが期待されています。
#バラ #ゲノム再構築
Nature Plants 2018年6月12日

NATURE.COM
A high-quality genome sequence of Rosa chinensis to elucidate ornamental traits
A high-quality reference genome of rose is generated by sequencing a doubled haploid line. The researchers analysed the genome structure…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です