チコリーの苦味成分

2021年7月21日 -



Wageningen 大学研究所の研究員たちは腸内環境を整える植物繊維イヌリンの苦味成分を含まないチコリーを CRISPR-Cas 育種技術により育成しました。ゲノム編集により苦味物質の原因となる4つの遺伝子のスイッチを切りました。
また、チコリーの苦味成分であるテルペン (terpene) の抗炎症薬や癌の治療薬になる可能性を探っています。
#オランダ園芸 #チコリー
Wageningen University & Research 2021年7月21日
Onderzoekers maken cichoreiplanten zonder bitterstoffen
WUR.NL
Onderzoekers maken cichoreiplanten zonder bitterstoffen

コメントは受け付けていません。