レタスのDNA解明

2021年4月13日 - コメントを残す



現在私たちが食べているレタスは6000年前にコーカサス地方で野生のレタスを選抜・改良したことから始まりました。オランダの遺伝子銀行にある2500品種のうち、445品種のDNA分析を行った結果、コーカサス地方に生息する野生種 Lactuca serriola が起源で、種子から植物油を取っていたのではと考えられます。ギリシャ人、ローマ人を経て葉菜として改良されました。
また、野生種 Lactuca virosa の遺伝子情報より、アイスバーグレタスが “古代 “バターヘッドレタスから分岐した時点が明らかになりました。
#オランダ園芸 #レタスの起源
Wageningen University & Research 2021年4月13日
Het DNA van sla ontrafeld: in 6000 jaar van onkruid tot geliefde groente
WUR.NL
Het DNA van sla ontrafeld: in 6000 jaar van onkruid tot geliefde groente
IJsbergsla, eikenblad-, Romaine en alle an

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です