遺伝子編集の可能性

2022年1月16日 -



世界人口が増加する中、農地・水資源は減り、食糧安全保障が脅かされています。先進国はその財力に物を言わせ、世界から食糧を買い漁ることが出来るので、その皺寄せはアフリカなど発展途上国へ襲いかかります。
キャッサバは厳しい気候環境にも耐え、ケニアでは1年中栽培できます。ただ、性成熟に至るまで時間がかかる、雄花と雌花が同期せず、交配育種が難しい作物です。
CRISPR/Cas9 を使うと従来の突然変異育種より効果的に耐病性、耐乾性、耐塩性のあるキャッサバを育種することができます。
#ベルギー園芸 #CRISPR/Cas9 #遺伝子編集 #キャッサバ
Eos Wetenschap 2022年1月26日
Waarom gen-editing als muziek in de oren van kwekers zou kunnen klinken
EOSWETENSCHAP.EU
Waarom gen-editing als muziek in de oren van kwekers zou kunnen klinken
De beschikbaarheid van verbeterd plantgoed voor boeren wordt belemmerd door lange wachttijden omdat veredelingsprocessen over het algemeen langdurig zijn. Na…

コメントは受け付けていません。