食品都市伝説

2021年4月3日 - コメントを残す



食品都市伝説
イースターの中、有名な食品都市伝説がまた広がっています。
「褐色の卵は白色の卵より健康」
これは以前EUで鶏のケージ飼育が禁止された時にスーパーマーケットが放し飼い鶏に褐色種を用い「褐色卵=健康」のイメージを植え付け、高価で販売したことによります。褐色の卵も白色の卵も栄養価には違いがありません。褐色種は白色種より体が大きく、産卵量も少ないため、コストが高く、糞尿量も多く、環境に悪影響を及ぼします。
現在では多くの放し飼い白色卵が売られていますが、褐色卵は高価で販売できるため依然として完全に切り替わっていません。
他の都市伝説では「有機栽培野菜・果物は洗わなくでも食べられる」があります。有機栽培の定義は人工合成した農薬、肥料は使わないで、天然ピレスロイド、BT剤、銅、硫黄などの天然農薬・鉱物は使用可能です。これらの天然農薬・鉱物は人工合成農薬と同じくらい毒性があります。
「色の濃いパンほど食物繊維が豊富で健康である」
色の濃いパンは多くの場合、焦がし麦芽で着色しているだけで、植物繊維の量には無関係です。
Wageningen UR 2021年4月3日
Is een bruin paasei gezonder dan een witte?
WUR.NL
Is een bruin paasei gezonder dan een witte?
Het is een bekende voedselmythe dat bruine eieren gezonder zouden zijn dan witte eieren. Pluimveedeskundige Ingrid de Jong van Wageningen University & Research krijgt de vraag regelmatig, en rond Pasen het meest.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です