ブログのカテゴリー

受粉用ロボット蜂の開発まだ時間が必要

2017年5月30日 - 受粉用ロボット蜂の開発まだ時間が必要 はコメントを受け付けていません

受粉用ロボット蜂の開発まだ時間が必要 世界で蜂個体数が減少する中、世界で三つのチームが受粉用ロボット蜂の開発を進めています。Harvard 大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所はミニドローン型を研究開発、プロトタイプ […]

詳しくはこちら

Wageningen の研究者は営業的にならなければ生き残れない

- Wageningen の研究者は営業的にならなければ生き残れない はコメントを受け付けていません

Wageningen の研究者は営業的にならなければ生き残れない ここ15年間で経費削減のためWageningen の研究所では3733人から2379人へ1300人の職が失われました。研究者たちは企業から委託研究費を得る […]

詳しくはこちら

オランダ産の藻類と海藻に有機の認証

2017年5月29日 - オランダ産の藻類と海藻に有機の認証 はコメントを受け付けていません

オランダ産の藻類と海藻に有機の認証 2017年5月よりオランダ産の藻類と海藻は Skal より有機の認証を受けることができるようになりました。半年の審査の後、有機飼料、有機食品として販売できます。スピルリナやクロレラなど […]

詳しくはこちら

スバールバル諸島の国際種子バンク水漏れ

2017年5月27日 - スバールバル諸島の国際種子バンク水漏れ はコメントを受け付けていません

スバールバル諸島の国際種子バンク水漏れ 2016年10月異常な暑さとそれに伴う降雨のため、スバールバル諸島の国際種子貯蔵庫へ雨水が浸水しました。雨水はすぐ凍ったため種子には被害がありませんでした。種子貯蔵庫は災害から貴重 […]

詳しくはこちら

ヤギ糞より「ぼかし」を作る研究

2017年5月22日 - ヤギ糞より「ぼかし」を作る研究 はコメントを受け付けていません

ヤギ糞より「ぼかし」を作る研究 ZLTO のヤギ部会ではヤギボカシを作る研究を始めました。ヤギの糞に発酵材、粘土鉱物、貝殻石灰を加え、家畜の健康とアンモニア排出防止に考慮します。地域の作物、露地野菜、樹木園への使用を呼び […]

詳しくはこちら

オランダ農業食品輸出940億ユーロに

2017年5月19日 - オランダ農業食品輸出940億ユーロに はコメントを受け付けていません

オランダ農業食品輸出940億ユーロに 2016年度のオランダ農業食品輸出は940億ユーロに達しました。オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の輸出国です。 2014年夏ロシアによるEU農産物ボイコットにもかかわらず、花卉類、 […]

詳しくはこちら


  次のページ