ブログのカテゴリー

ケニアからのバラ海上輸送

2022年1月26日 -

通常ケニアで栽培されたバラはオランダへ空輸されます。海上輸送は持続可能性高く、安価なので徐々に広がってきています。バラの賞味期限は、消費者へ販売された後、7日以上とされています。航空輸送の場合は問題ありませんが、海上輸送 […]

詳しくはこちら

オランダ農産物で最も輸出されているのは?

2022年1月25日 -

CBS de landbouwexport 2021 (中央統計局農産物輸出2021)が発表されました。その中で第一位になったのは花卉園芸(120億ユーロ)で、肉類、乳製品・卵が続きます。はて?野菜・果物は何処でしょう? […]

詳しくはこちら

オランダ花卉輸出高史上最高

2022年1月17日 -

2021年度オランダ花卉輸出は切り花で25%増の44億ユーロ、鉢物で17%増の29億ユーロ、史上最高の73億ユーロとなりました。仕入れ価格の高騰が主な原因ですが、輸送コスト、人件費増加も関係しています。ロシアとの緊張関係 […]

詳しくはこちら

遺伝子編集の可能性

2022年1月16日 -

世界人口が増加する中、農地・水資源は減り、食糧安全保障が脅かされています。先進国はその財力に物を言わせ、世界から食糧を買い漁ることが出来るので、その皺寄せはアフリカなど発展途上国へ襲いかかります。キャッサバは厳しい気候環 […]

詳しくはこちら

Dag van de Tulp(チューリップの日)は6月1日へ延期

2022年1月14日 -

1月28日〜29日に予定されていたDag van de Tulp(チューリップの日)はコロナ規制のため大部分の活動を6月1日へ延期しました。残念です。#オランダ園芸 #チューリップGreenity 2022年1月14日G […]

詳しくはこちら

世界花卉貿易の推移

2022年1月13日 -

Rabobank の報告書によると過去5年間の花卉輸出は全ての分野(切花、鉢物、観葉、球根、宿根草、樹木)で年平均成長率3.9%順調に伸びています。コロンビアとエクアドルは北米市場に供給し、ケニアとエチオピアは引き続きヨ […]

詳しくはこちら


  次のページ