ブログのカテゴリー

Profytodsd チューリップフェスティバル2022の開催ルート発表

2022年3月17日 -

Noordoostpolder では球根用チューリップ栽培が盛んです。その景観を楽しんでもらうように自動車及び自転車で回れるルートが発表されました。#オランダ園芸 #チューリップProfytodsd Tulpenfest […]

詳しくはこちら

キクにおけるカリフォルニアスリップスおよび捕食性ダニに対するLEDの異なる光波長の影響

2022年3月16日 -

Fluence社のそれぞれ波長の異なる LED「Broad R4」「Broad R6」「Broad R8」「Dual R9B」を用い、キク‘Magnum’ 180株にカリフォルニアスリップス(Frankliniella […]

詳しくはこちら

裁判所、シンビニューム農家にスリップス蔓延の証拠を要求

2022年3月7日 -

シンビニューム農家は5m離れた隣のホーレンソウ採種農家からスリップスが蔓延し、損害を受けたと9万ユーロの損害賠償を請求しました。ホーレンソウ採種農家と委託した種苗会社はホーレンソウにスリップスが発生したことは認めたものの […]

詳しくはこちら

バレンタインデー、オランダ産バラが27%減少

2022年2月11日 -

今年のバレンタインデー用に1億5900万本のバラと1億5500万本のチューリップが販売されました。バラの販売総数は昨年を上回りましたが、オランダ産大輪バラはエネルギー価格の高騰により、暖房・照明を節約したため、2021年 […]

詳しくはこちら

ケニアからのバラ海上輸送

2022年1月26日 -

通常ケニアで栽培されたバラはオランダへ空輸されます。海上輸送は持続可能性高く、安価なので徐々に広がってきています。バラの賞味期限は、消費者へ販売された後、7日以上とされています。航空輸送の場合は問題ありませんが、海上輸送 […]

詳しくはこちら

オランダ花卉輸出高史上最高

2022年1月17日 -

2021年度オランダ花卉輸出は切り花で25%増の44億ユーロ、鉢物で17%増の29億ユーロ、史上最高の73億ユーロとなりました。仕入れ価格の高騰が主な原因ですが、輸送コスト、人件費増加も関係しています。ロシアとの緊張関係 […]

詳しくはこちら


  次のページ