Wageningen University Research がウイルス防除「VIRTIGATION」に参加

2021年9月30日 -



ウイルス病はトマト、キュウリにヨーロッパだけでも35億ユーロの損失をもたらす重大な病気です。
ToLCNDV(Tomato leaf curl New Delhi virus)とToBRFV(Tomato brown rugose fruit virus)はそれぞれ1995年にインドで、2014年にイスラエルで発見された新しいウイルス病で現在まで有効な防除方法がありません。
VIRTIGATION プロジェクトは、これらの植物ウイルスの早期発見、予防、制御のための新しい防除方法を目指し、4年間で700万ユーロの総予算で、12カ国から25機関を集め行います。
#オランダ園芸 #トマト #Tomato leaf curl New Delhi virus #Tomato brown rugose fruit virus
VIRTIGATION 2021年9月30日
Virtigation Network
VIRTIGATION.EU
Virtigation Network
By linking producers with consumers, a multi-stakeholder network o

コメントは受け付けていません。